退職までにすべきこと

退職するにあたって確認しておかなければならない事がいくつかあります。

○まず、職場の寮に入っている人は退寮の規定があるはずです。
いつまでに引越しをしなければならないのかを調べて、それまでに速やかに退寮しましょう。
引越し先を探す、引越し業者の手配、電気・ガス・水道の手配、荷造りなど、休みの日にやらなければならないことは多くなります。
新しい勤務先でまた寮に入るつもりの人は、いつから入ることが出来るのかもしっかり確認しておきましょう。

○そして、健康保険です。
保険証は退職後に返却をしなければいけません。
いつまでに、どのような方法で返却をするのかを総務などに確認しておきましょう。

○白衣やICカードなどを借りている場合、それも返却しなければいけません。
最終日にまとめて返すのか、当日着ていた白衣はどうするのか確認しておきましょう。

○委員会に入っている場合、後任の人は誰になるのかを確認し、引継ぎをしっかりしておきましょう。

最終日には受けとらなければならないものもあります。
・年金手帳(預けている場合)
・雇用保険被保険者証
・離職票(次の職場が決まっていない人)
・源泉徴収票
・健康保険被保険者資格喪失確認通知書(国民健康保険に切り替える人は必要)
(離職票・源泉徴収票・健康保険被保険者資格喪失確認通知書は後日発行になるので、いつになるか確認し、自宅に郵送してもらいましょう)

退職する当日には、忘れ物がないようにしましょう。
退職するまではその職場の人間です。
最後までしっかり仕事をして気持ちよく退職しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Required)

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com