離職の理由と心持ち

看護師として働く方においても様々な離職理由があると考えられて、人間関係を始めとした仕事をする上での障害や、今以上の待遇の良い職場に就きたいなどが挙げられます。満足のいく仕事をしようとしている中で、ちょっとしたコミュニケーションの行き違いなどから、こちらの立ち位置が悪くなってしまうことは往々にしてあることだと思うのです。その結果、今の病院に居続けることが難しくなり、退職しないと精神的に持たなくなってしまうのです。自分が頑張ろうとした病院で、自分のことを否定されているように思える状況は耐え難い苦痛となり、自分の心にくさびのようにして打ち付けられていくのです。
一方、働き続けたいのにやむを得ない事情から退職する方もいます。例えば、親の介護をしなければならないという理由を上司に持ち出したときに、「まあ、自分の親が自力で体を動かせなくなったからしょうがないよな。君の看護が最後の親孝行になるかもしれないから、親を大事にするんだぞ」ということを上司が言うのではないかと思い、退職希望者がスムーズに職場を後にできるように、上司が事を運んでくれるようになるでしょう。退職を予定している方にしてみたら、これからも看護師として病院勤めをしたいと思っていたのに、家族の事情でやりがいのある仕事と切り離されなければいけなくなるのは寂しい気持ちが伴うのだと思います。

<悩めるナースの参考書>
http://xn--u9j4hybylq26nddyagw0b.com
看護師にも、様々な理由があるんだな、と気づかされます。ぜひ目を通してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Required)

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com